タイヤのフェンダーからのはみ取り出しについて

僕は現下、スバル WRX STI(GRB)に乗り、面白くかーライフを満喫しています。以前、ランサーエボリューションXから乗り換えた背景があり、当時気に入っていたホイール・タイヤを単に今の車種に付け替えました。オフセットが相違、わずかにフェンダーからはみ出しているように見えましたが、車検の際は純正のホイールに戻して通せばよろしいだろうと、特に気にせずに乗っていましたが、思わぬトラップがありました。
オイル交替をしようとディーラに持ち込んだ店舗、そのフェンダーのはみ出しにすっと目をつけられ、「このときのお車種は元来、乗り入れや保守をお断りさせていただいております。今回は特別に保守を承りますが、いつか以降はご処理後にいらしてください。」と言われました。ディーラとしては、車検原則を満たさない車種を受け入れた症例、最低職業中断対応を受けるそうです。私もうっかりしていましたが、さすがはディーラの所々、細かい所にアッという間に気づく眼をお持ちでした。二度と、何か処理の仕方はないか、メカニックに尋ねると、ホイールを正直サイズに戻すか(これは先見通り)、車種高調を入れて間際まで車種数量を落とせばキャンバー端によりタイヤ上側のはみ出しはフェンダーに収まりますと言われました。案の定車種歓迎のメカニック。予想外のレスにあるうま味感心しました。
車買取相場表と〇〇を使って車を高く売る方法

コメントを残す

メールアドレスが公開されることはありません。 * が付いている欄は必須項目です